お金がない人が本気で問題を解決するためのサイト

お金がないtech

対処法

お金が貯まらない人が、最短で100万円貯金する方法

投稿日:

【スポンサードリンク】

お金が貯まらない人の貯金法

して無駄遣いばかりしている覚えはないのに、一向にお金が貯まらない。実はそんな人はたくさんいます。そして、お金を貯めたいとうっすら思っていながら全然貯まる気配がない人は、預貯金がないといけないと思い込んでいて、「平均」や「他の人」、「一般的に」どうなのかなどど比較して不安になったり、安心したりしています。

そこには、生まれと育ち、お金と人生の深い関わりがありますが、いったんそれは置いておいて、私たちと同じような日本人は、どれくらい預貯金があるのか、調査結果をみてみることにしましょう。

金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」(2014年版)によると平均的な貯蓄額は、以下の通りになっているとのことでした。

年代別の貯蓄額

20代 貯蓄のない世帯41.0% 平均値183万円 中央値30万円
30代 貯蓄のない世帯34.2% 平均値415万円 中央値130万円
40代 貯蓄のない世帯30.4% 平均値614万円 中央値300万円
50代 貯蓄のない世帯29.5% 平均値1124万円 中央値408万円
60代 貯蓄のない世帯28.1% 平均値1765万円 中央値740万円

私は、30代ですが、貯蓄のない世帯が34.2%で、平均値は415万円、中央値は130万円ということになっています。平均値は、極端に大きな金額預貯金がある人がいれば、大きくなってしまいますが、中央値だと全体の半分の位にいる人なので、ここでは、平均値ではなくて、中央値で観るとよいと思います。

つまり、あなたが各年代の中央値くらいにいれば、「大体普通」ということです。

年代別貯蓄額の傾向性は?

年代別貯蓄の傾向性

上記の数値から、基本的には年齢層が高くなればなるほど、貯蓄のない世帯は減っていき、貯蓄額が大きくなることがわかります。特に60代になると定年して退職金が入る人が多くなるのか、貯蓄額が大きくなる傾向にあるようです。

また、20代だと4割くらいの人に貯蓄がなくて、60代になっても3割近くの人に貯蓄がないのには驚きです。貯金をしようしようと思って焦っている人も、このデータを観ると少し落ち着いたのではないでしょうか。

【スポンサードリンク】

「なんだ、そんなもんか」、と。そして、貯蓄が多少でもあれば、ほっと胸をなで下ろしていることでしょう。でも、次のデータをみてみましょう。

※中央値とは、数字の小さな人から順番に並べていき、真ん中に来る人の数値のことを指すらしいです。つまり、カテゴリ全体におけるランキングのちょうど真ん中にいる世帯の貯蓄額が中央値になるということです。

収入別の貯蓄額

次に年代別ではなくて、収入別の貯蓄額は、以下の通りになっているとのことでした。

年収300万円未満 貯蓄のない世帯40.1% 平均値781万円 中央値100万円
年収300万円~500万円未満 貯蓄のない世帯29.5% 平均値980万円 中央値316万円
年収500万円~750万円未満 貯蓄のない世帯22.2% 平均値1337万円 中央値600万円
年収750万円~1000万円未満 貯蓄のない世帯20.8% 平均値1537万円 中央値990万円
年収1000万円~1200万円未満 貯蓄のない世帯10.8% 平均値2748万円 中央値1850万円
年収1200万円以上 貯蓄のない世帯11.8% 平均値4323万円 中央値2100万円

収入別に、貯蓄の有無と金額を調べてみると、先ほどよりもかなり貯蓄率、貯蓄額とも、全体的に上がっているのがわかると思います。年収300万円未満と300万円以上でかなり大きな差が開いているようなので、生活レベルと貯蓄率、貯蓄額は比較的よく比例しているのがわかると思います。

あなたはどう?

ここまでみて、あなた自身と比べていかがだったでしょうか。

年齢、年収は平均より上なのに、預貯金がないという人もいれば、預貯金はないけれど、データよりはマシという人もいるでしょう。いずれにせよ、ここでは、預貯金が全くか、あるいは自分が思っているよりも出来ない人が、最短で100万円の預貯金をする方法を紹介したいと思います。

この方法は、やろうと思えば確実に出来て、しかも確実に期限通りにお金が100万円たまりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

※※そもそも、あなたがどうして貯蓄できないのかについては、今回詳しく解説しないようにします。深く掘り下げていくと、セルフイメージやお金の価値観のところまで行き着くか、あるいは幸福感という生活全般にまで及ぶので、一筋縄ではいかないからです。

最短で100万円貯蓄する方法

100万円貯蓄する方法

まず、あなたが貯金に回せる金額はいくらかを検討しましょう。そして、その金額を確実に毎月貯金することです。そうすることで、最短で100万円貯金することができるようになります。

あなたが貯金できる金額は、あなたの収入やライフスタイル、家族構成などによっても異なりますが、大体次ぎのようなところです。

  • 年収300万円未満・・・手取り月給の10%
  • 年収300万円以上500万円未満・・・手取り月給の15%
  • 年収600万円以上・・・手取り月給の20%以上

※あくまでも目安になりますので、あなたのライフスタイルによって無理のない範囲で決めてください。

具体的にお金を貯めるプロセス

まず、どこでもよいので、銀行か郵便貯金に新しい口座を開設してください。その際に、キャッシュカードは作らず通帳だけ作り、簡単にはお金を下ろせない状態を作ります。

そして、毎月給料が出たら、上記で示した目安を参考にあなたの決めた貯金額を、先に貯金するようにします。毎月生活して余ったお金を貯金するのではなく、お金が入ってきたらお金を使う前にまず、貯金するようにするのです。

そうすることで、確実に貯金をすることができ、下ろすのが面倒な状態にすることで、簡単には貯金が減らないようにするわけです。

  • ステップ1:銀行口座を開設(キャッシュカードは作らない)
  • ステップ2:自分がいくら貯金できるか判断する
  • ステップ3:何ヶ月で100万円貯まるか計算してカレンダーか手帳に書く
  • ステップ4:毎月給料が出たら即決めた金額を貯金する
  • ステップ5:ただ貯金を継続するだけ

例えば、毎月の手取り月給が20万円の人でも、毎月2万円貯金できることになり、毎月2万円ずつ貯金すれば、「確実に」50ヶ月、すなわち4年程度で100万円の貯金が貯まることになります。

年収400万円くらいの人であれば、大体毎月45,000円くらいは貯金できるので、23ヶ月つまり2年もあれば、100万円貯金することができるようになります。このように、貯金額が決まったら、逆算して、何ヶ月で100万円になるか確認して、その月までに100万円貯めると決めて、カレンダーや手帳に書き留めて、必ず給料日にお金を移動させるようにしてください。

そうして、あなたはまず最初の100万円を貯金することができるようになり、さらに次のステップに移ることができるようになります。

 

 

-対処法

Copyright© お金がないtech , 2018 AllRights Reserved.