お金がない人が本気で問題を解決するためのサイト

お金がないtech

原因

らく~に浪費をなくす魔法の方法

投稿日:

【スポンサードリンク】

浪費をなくす方法

月もなぜか、赤字だ。収入が少ないわけではないのに、なぜか貯金が増えない。あるいは、なんとかお金を増やしたいけれど収入を増やす当てがない。

そんな課題を抱えている人は多くいます。

実は、お金がないことの大きな問題は、「収支の差」にあります。例えば、手取り年収1,200万円で年間支出が1,199万円の人と、手取り年収が300万円で年間支出が200万円の人では、小学1年生でもわかるくらい当たり前のことですが、年収300万円の人のほうがお金が貯まります。

この例では、年収300万円の人は年間100万円貯金できる一方で、年収1,200万円の人は、貯蓄が1万円しかできません。

何が言いたいかというと、「お金があるない」=「お金がないことの問題」において、もっとも大事なのは収支であって、収入を増やすことではないということです。

収入増えなくてもOK!

収入増えなくてもOK

収入を増やすことは非常に難しい側面がありますが、支出を減らすことは比較的簡単です。

でも、1万円収入が増えるのと、支出が1万円減るのとでは収支に与える影響は完全に同じで、お金のあるなし、生活においてもほとんど同じことになります。

1万円の増収=1万円の節約

この等式がなりたつことになります。

※ただし、年収1,200万円の人と300万円の人を比べると支出を減らせる容易さは違うので、優先順位的には低いですが、収入総額も大切なことは間違いありません。

これらのことから、正しくお金を節約することができれば、節約した金額だけ多くお金を稼いでいるのと同じことにないますし、生活自体も楽になることとなります。

【スポンサードリンク】

長期に節約するのは意外と難しい

じゃあ、お金を節約しさえすればよいんだな、じゃあ明日から節約しようと思っても、3ヶ月以上続く人はあまりいません。

節約のために我慢をして、欲求不満になって逆に浪費してしまったり、ストレスをためてしまったり、さまざまな要因がありますが、単にお金の出費をコントロールしようとするだけでは、節約するのは難しいのです。

例えば、固定費である保険代や家賃を安くできれば、それは簡単に継続できますが、今買っているものを買わなくしたり、外出や外食を減らしたりなど、ライフスタイルから「快適さを損ねる方向に節約する行為」は、必ず反動が来て継続できなくなります。

なので、無理なく節約しないといけませんが、無理なく節約するためには、これからお話する「らく~に浪費をなくす魔法の方法」が役に立ちます。なぜなら、浪費を減らすことと節約することはカラクリが次の点で一緒だからです。

「楽に節約する=浪費をなくす」秘密のカラクリ

楽に浪費を辞められるカラクリ

実は、浪費というのはお金の無駄使いのことを指します。

お金の無駄づかいというくらいなので、価値のないことにお金を使うという意味です。価値のないことにお金を使うということは、お金を使うことで満足を得るということになります。つまり、お金を使うという目的を遂げて満足をするためにお金を使っているということです。それが浪費の正体です。

一方で、節約というのはこれまで使っていたお金を使わなくすることです。そして、節約が続かない理由は、皆使いたいお金を使わないで我慢して生活していくから、その我慢が蓄積してどこかで我慢が効かなくなるから継続できないということができます。

従って、浪費はお金を使って欲求充足すること、節約を継続できないのは、お金を使うという欲求充足をできないことが理由というように、どちらもお金を使うことで欲求充足することの表裏の関係にあるということができます。

お金を使うこと=欲求充足

つまり、浪費にしても、節約が続かないことにしても、お金を使うことが欲求充足と密接に結びついており、適切に欲求充足することができれば、浪費を減らしたり、節約をしたりして、貯金を増やすなど経済的な安定を手に入れることができるということができると思います。

ちょっと待て、今はリアルなお金の収支の話をしているのに、欲求充足とか精神論を出すなって声が聞こえてきそうなので、少し補足しておきます。

お金と欲求充足、科学的根拠

まず、私たちの行動の源泉は何かを考えてほしいです。

お金を使うというのは、消費行動です。一方で働くことは生産行動ということができると思いますが、どちらにしても、行動をするのは、何かしらの理由があるからです。

そして、一般的に、しなくてはいけないからする、やらされているからするといった、自分以外の外的な要因に支配されて行動するという考え方が多数をしめていると思います。

しかし私たちは、違う意見を持っています。

選択理論とは

選択理論

アメリカの著名な精神学者であった故ウィリアムグラッサー博士が提唱した選択理論によると、我々は遺伝子からくる固有の欲求を充足するために行動すると言われています。

選択理論によれば人には、5つの基本的な欲求があり、過去基本的欲求を充足した経験から、自分を満たしてくれるだろう「人や物や状況」が記憶の中に格納されて、上質世界と呼ばれるイメージ写真があると言われています。(5つの欲求とは、(健康の欲求、愛所属の欲求、力の欲求、自由の欲求、楽しみの欲求です)

例えば、良い成績をとったら褒められて気持ちがよくなった(=欲求充足)のでよい成績(上質世界にあることがら)をとりたい(力の欲求を満たしたい)とか、ディズニーランドに行ってワクワクしたからもう一度行きたい(楽しみの欲求をみたしたい)といったことです。

※選択理論についての詳しいことは、5つの基本的欲求とは|選択理論の基礎をご覧下さい。

人が問題行動を起こす理由

人が浪費する理由

そして、グラッサー博士は人が問題を起こす原因は、不幸感にあると言っています。

不幸とは満足に欲求充足できない欲求不満な状況が継続することを指しています。欲求充足できないから問題行動を起こすということになります。

つまりこういうことです。

欲求充足できず欲求不満が溜まるから、どこかで我慢が効かなくなり、無理矢理欲求充足しようとして、短期的な欲求充足に=快楽=問題行動に走るということになります。このひとつの現れが「浪費」なわけです。(あるいは節約のための欲求充足の我慢ができなくなる)

浪費を減らすためには、欲求充足をすることが重要というのは、こういった理由からだったのです。

じゃあ、どうやって欲求充足すればよいか、それは次のページに詳しく書きましたので参照下さい。

らく~に浪費を減らす魔法の方法とは、まずは欲求充足することだったのです。我慢をするのとは逆に、自分の欲求を充足することで浪費を減らすわけなので、非常に楽で楽しいことということができると思います。

次の記事にご期待下さい。

-原因

Copyright© お金がないtech , 2018 AllRights Reserved.