お金がない人が本気で問題を解決するためのサイト

お金がないtech

対処法

自己破産する具体的な方法

投稿日:

【スポンサードリンク】

自己破産

己破産は、借金問際を解決する有効な手段です。

国民それぞれが日本国憲法によって、人間として最低限の生活を保障してもらっています。借金で困った人が、最低現以上の生活を取れるにように準備されたのが自己破産という方法だというわけです。

自己破産とは、債務整理の一番強力な対処法です。

以下、債務整理の3つの種類についてまとめた後に、債務整理のやり方について解説しています。債務整理は、業務的にはそれぞれシステムが全く異なりますが、手続き的にはほぼ同じ手順で実行できます。

なので、他の債務整理をする手順の途中で、自己破産にしたり任意整理にしたり、途中の段階までは選択が可能ということになります。そういう意味で、債務整理の3つの種類について解説して、どれを選択するか検討しやすくした上で、やり方についてまとめたいと思います。

債務整理の3つの種類

債務整理に3つの方法

債務整理とは、借金で首が回らなくなった人が、状況を改善するために、選択する方法で、次の3種類があります。下に行くほど、救済度合が高く、より支払うべき借金を減らすことができるようになります。

  1. 任意整理
  2. 個人民事再生
  3. 自己破産

それぞれどんな特徴があるのか、詳細をいていくことにしましょう。

任意整理

任意整理は、借金を業者と直接(といっても基本的には弁護士や司法書士に間に入ってもらって)交渉して、将来の利息をカットして、元金だけを新しい条件で支払っていけるようにする方法です。

債務整理の中で、支払うべき金額の圧縮という意味では利息分しかありませんが、業者とのやりとりだけで、裁判所は間に入らないという意味で、とても楽です。また、昔から返している借金がある場合は、過払い金がある場合相殺してくれるので、返済がなくなる可能性もあります。

ちなみに、私はこの任意整理をしました。

私の場合は、投資用不動産を所有しており、自己破産をすると売却されてしまうのが嫌でした。私の恩人を裏切ることになるためです。なので破産はできませんでした。また、個人民事再生も自宅は守られますが、投資用不動産は守られないため、適用できず、やむなく任意整理しました。

【スポンサードリンク】

任意整理をしても、個人情報ではブラック(異動)になりますので、向こう7年以上金融サービスを受けられないのは変わりません。ただ、私は現状、マスターカード2枚とアメックスを1枚持っていて、アメックスからはプラチナカードのインビテーションまでもらいました。このブラックでもカードを持てる裏技は他の記事で書きたいと思います。

個人民事再生

個人民事再生は、裁判所を通して手続きすることで、債務が3分の1程度に圧縮されるものです。

借金の圧縮は自己破産には及びませんが、任意整理よりは格段に圧縮されます。また、自宅を所有している場合に、精算されず保護されるのが、個人民事再生の最大の特徴です。そして、自己破産の際に免責にならないような事由があっても個人民事再生は、適用されます。

以上のことから、個人民事再生は、自宅を所有していて守りたい場合と、自己破産で免責にならないような事由がある場合にオススメです。

自己破産

自己破産は、債務も財産もすべてをなくす方法です。

とはいっても、必要最低限のお金は生活する上で必要になりますので、精算されませんし、賃貸マンションなどに住んでいる場合の居住権などは失うことはありません。

自宅を所有している場合は処分されますが、預貯金で20万円未満のものは精算されません。また、株式や債券などの資産も処分されるので、資産を持っている方にはオススメできません。

しかし、そもそも資産がある方は債務整理を検討せず、資産を売却して借金を返済すればよいだけなので、このページを見ていないと思います。自宅を所有していなければ、基本的には自己破産を選ぶのが一番スッキリすると行ってよいでしょう。

債務整理をするための具体的なステップ

具体的なステップ

いずれにせよ、債務整理をしようとすると自分の力だけで手続きするのは難しいです。弁護士や司法書士など、債務整理を得意とする人たちがたくさんいますので、その人たちの力を借りるようにしましょう。そのための具体的なステップを紹介します。

  1. 業者を選ぶ
  2. 問い合わせをして状況説明
  3. 業者と契約
  4. 業者による債務のまとめと計算
  5. 業者による手続きスタート

正しい弁護士の選び方

では、どの弁護士さんや司法書士さんにすればよいのでしょうか?

正直、債務整理は、弁護士や司法書士の仕事の中でももっとも簡単な仕事の1つです。なので、テレビCMはもちろん、電車のつり革広告に至るまで、さまざまな手段で広告がなされています。

そして、一昔前流行った過払い金請求問題(法定金利が引き下げられて過去、高金利で支払っていた分の差額が返還される請求のこと。これで消費者金融大手の武富士がつぶれたくらいのインパクトあった法改正だった)に乗じてかなり多くの法律事務所が、この分野専門として進出しました。

従って、現状は弁護士にしても司法書士にしても、債務整理に参入している業者は玉石混交状態にあり、よい業者を見つけるのが困難であると言わざるを得ません。

※債務整理を依頼するのは、司法書士か弁護士かどちらがよい?と聞かれることが多いですが、結論からすればどっちでもよいです。確かに司法書士と弁護士とでは、手続き上できる範囲が異なります。従って、司法書士の場合と弁護士の場合とでは、それぞれ業者の役割の範囲が異なります。そういう意味では、弁護士に頼んだほうがより手間が少なくなりますが、司法書士でもそんなに大きく手間がかかるわけではないのでご安心ください。

良い業者の基準は?

よい法律事務所の基準

では、よい弁護士、よい司法書士とは、いったいどんな人たちということができるでしょうか??

少し考えたいと思います。

例えば、非常にリーズナブルな価格で、債務整理をしてくれる弁護士さんがいたとします。基本的に分業で対応するので、状況を一通り聞いたら、債務をまとめて、機械的に処理をして自己破産手続きを進めていくような業者です。

このような業者さんは、「自己破産することがもっともよいとわかり切っていて、免責にならない可能性もほぼない状態だったら、弁護士費用が安い分、もっともよい業者さんだ」ということができるでしょう。

一方でもし、例えば自宅を所有しており、自己破産で免責にならないかもしれない部分がある場合などで、金額が比較的小さい場合は個人民事再生のほうがよい場合もあります。その場合に、先の安価な業者さんだったら、そういう事情を見てくれないので、最適な判断を見誤り自己破産をして、自宅を失ってしまい債務が残るという非常に残念な結果になる可能性があります。

以上のことから、すでに破産がもっとも効果的な方法だと判明している人以外については、料金ではなくて、しっかりと親身に相談に乗ってくれてベストな選択を考えてくれる業者が、あなたにとってよい業者だということができます。

オススメの法律事務所は?

オススメの法律事務所

費用については、どの業者も弁護士会の標準報酬でやっているので(一部の業者は安くしていますが)、基本的にはしっかりと「あなたの話を聞いてくれるかどうか」で判断して頂けたらと思います。

それは、あなたの直感を信じることが一番です。あなたの話を聞いてあなたのために動いてくれる先生を見つけるようにしましょう。

ちなみに、私が任意整理した際にお世話になったのは、渡辺先生という司法書士です。隠岐の島からネットで検索して出てきた先生で、たまたま当たっただけでしたが、非常に親身に丁寧に対応してくださって、とても感謝しています。(一度もあったことなくて、電話だけで完結してくれました)

私が利用したことある法律事務所は、こちらだけです。

正直、大手弁護士事務所のアディーレ法律事務所はかなり有名ですが、一度お伺いした際に感じ悪くて破産を辞めた経緯があります。なので、私がよいと紹介できるのは、新大阪法務司法書士事務所だけです。公式サイトはこちらです。→新大阪法務司法書士事務所

ちなみに、おそらく債務整理している人のほとんどが、自分は債務整理したとか、どの法律事務所でしたとか、本音を言いません。そういう意味では、これはかなりすごい生の声だと思います。※これは本当に実話です。もし疑っている人がいたら、当時手続きした書類をお見せしますよ!

まずは、問い合わせするところがスタート地点です。サイトに訪問して申し込みをしてみてください。申し込み段階で、金融ブラックになったり、契約が成立したりはしないので、ご安心ください。

-対処法

Copyright© お金がないtech , 2018 AllRights Reserved.